銀行系、消費者金融系のキャッシングの違いについて

社会人として働いている人ならば、比較的簡単な手続きでお金を借りられるサービスとしてキャッシングがあります。キャッシングでは審査の早さをウリにしていることもあり、申込の手続きをした時間によっては最短でその日のうちに融資を受けられるといったスピーディーさが魅力となっています。
しかし、このようなキャッシングのサービスを取り扱っている業者には2種類あり、銀行系と消費者金融系に分別することができます。ただし、この両者には特別な違いはなく、銀行系の消費者金融はあくまでも銀行の傘下にある消費者金融という意味合いなので、一般的な消費者金融系の業者とサービスの内容に違いはありません。
また、銀行系の消費者金融業者の場合、一見すると総量規制の対象ではないというイメージを持つ人も多いでしょうが、前述したように銀行系の消費者金融業者は一般的な消費者金融業者と違いはないので、銀行のカードローンとは異なっており総量規制の対象となります。